こんにちは。津田智有です。

起業をしようと考えているサラリーマンの方に
起業成功へのヒントをお伝えしています。

今日は、起業に必要な魔法の言葉2つ目

「どうしたらできる」について考えます。

サラリーマンとのダブルワークで
起業をしようとしているとき、
あなたは、たまに

「どうしよう・・・」と

不安になる時ありませんか?

青天の霹靂

私が、鉄道の現場からいきなり
40歳にして初めて、本社勤務になった時、
まさに毎日、

どうしよう!!

の連続でした。

現場では、結構バリバリ仕事をしていた私、
それでも、20年間現場の仕事だけで生きてきたので、
いきなりのデスクワークに、何をしていいかわからない。

ちょっとした、書類の作り方、

決済の仕方。

上司からの指示の受け方。

報告の仕方。

全く現場とは違う環境とルール。

それをいちいち、お局社員や部下に聞かないと全く動けない状態。

色々なルールを知らない私は、
どうしようと思った瞬間に、

思考停止状態。

何をしていいかわからない。

そんな状態で、会社に行っていたので、
会社に行くこと自体が不安で
気持ちが押しつぶされそうになったり、

会社に行きたくなくなって挙句、適応障害ギリギリの状態になりました。

お局社員にお伺いをたてる時のドキドキは今でも嫌な思い出として
たまに胸の奥の方でズキズキします。

思考状態を回避する方法

まあ、その忘れたい話は別にして

起業活動をしている中で、

どうしよう!!

と思考停止状態になってしまうこと、私もなんどもありました。

でも、
どうしようと思うのは当然のこと。

だって、今までやったことのないことをしようとしているのですから、

何をどうしていいかわからないですよね。

でも、「どうしよう」で、思考停止状態になり
「考えること」を諦めてしまっては、
何もできないのと一緒。

サラリーマンを長くしていると、
知らないこと、変化することに
恐怖を覚える人も多い。

自分の知っている世界だけで
生きていた方が、楽だし、
変化をしないで生きていけるなら、
変化をしない方が、ドキドキしなくていいですよね。

起業を目指して動き始めても、
ついついサラリーマンの思考方式に引っ張られて、

「どうしよう!」と

不安に思ってしまうことは多々あります。

変化は恐怖

実は、脳は、変化を好みません。

脳は、生存本能があります。

これは、本能ですから、
ほとんどの人にあるのですが、
昨日と同じことをしていて、
とりあえず生きていけるのなら、
今日も、同じことをしようとします。

わざわざ危険のあることを
好んでしようとしないんです。

だから、肉体的にどんなに疲れる仕事でも、
精神的にストレスの多い仕事でも、
とりあえず、それは自分の知っている世界で
今日、死ななそうなら、それを続けるようにできている。

だから、あなたは、

つまらない、

そして違和感のある働き方をしている会社に、今日も黙って出勤してしまうんです。

ならばどうする??

でも、
ここから抜け出そうとしているあなたは、

「どうしよう」と、

思考停止している場合ではありません。

だから、そんな時に使う魔法の言葉

「どうしたらできる?」と

自分に問いてください。

例えば
サラリーマンの仕事が忙しくなってきてしまった。
時間がない。

どうしよう!!

と思うのではなく
どうしたら起業の時間を取れる?
と自分自身に問いてみると、いくつかのヒントが出てきますよね。

時間がない!

そうおもっただけで、思考停止になる。

それでは、起業は思うように進みません。

どうしたら時間を取ることができるかを、

会社の休憩時間でも、

通勤の行き帰りの電車の中でも、

考えてみてください。

なんて話している私も、

実は、思考停止の「時間がない」「どうしよう~~」病だったんです。

やることは、わかっている、

でも時間がない、どうしよう~~

したいことはある。

でも、やるのが怖い、どうしよう~~~

そんな風に思っていたのは、1度や2度ではありません。

今だって、そう思う時、あります。

でも、しっかり気持ちを切り替えて
「どうしたらできるか」を
考えられるようになっていますよ。

こんな簡単な自分への質問を変えるだけのことでも、
自分だけで発見しようとすると
半年・1年かかるなんてこともあります。

こういうことは、なんだかんだ言っても
ちょっと先行く人に聞くのが一番手っ取り早いと思うんです。

お伝えしたように、私も色々苦い経験がありますので、
もしよかったらウェブセミナーのURLをつけておきますね。

あなたのちょっと先行く応援団。
独り働き方改革コンサルタント津田智有でした。

もし、タイミングが合いましたら、こちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ダブルインカムで収入を増やす方法