会社に行くことが辛いと感じるようになって、

もう数年経っていますか?

自分らしく生きることを望みながら、

毎日、通勤列車に揺られ、

ただただ無心にお金のために働く日々になっていませんか。

このまま人生が終わってしまうのではないかという不安の中、

健康を維持できないほど、

働くってどんな意味があるのでしょうか?

なんの感情も感じないようにしながら、

一生懸命、頑張って真面目に仕事をしていますよね。

私も、そんなサラリーマン人生を生きた経験者。

お金がなくなったらどうしよう。

家のローンもある。

子供もいる。

嫁さんに不安を感じさせたくない。

という理由だけで、

ただただ、真面目に会社に通っていました。

実は、私は、幼い頃から、

自分の本当に好きなことしかやってきませんでした。

小学4年生の頃には、もう、

将来、なりたい職業を明確に決め、

その目標に向かって脇目も振らず一直線に進み、

夢を叶えました。

その夢とは、電車の車掌

その夢を叶える行程は、

とても楽しい毎日でした。

でも、夢が叶い3年も経つと、

その先の夢を決めていなかったせいもあり、

壁にぶち当たります。

会社の価値観とルールに従い、

早々に昇進、配置転換を繰り返し、

40歳をすぎに、人生初のデスクワークになった頃、

適応障害寸前までの精神状態に・・・

性格も明るく、人とのコミュニケーションが得意だった私が

こんなになるとはと、

自分でも驚き、毎日、体をひきづる様にして会社に通いました。

その状態から、復活したきっかけは、あるメンターとの出会い。

自分の心の使い方を理解し、自分は自分のままでいい、

自分には自分にしかできないことがある、ということを

心の底から理解し実感させてくれたことで、

自信を取り戻しました。

そして、自分の理想の未来を叶えるため、

今は、若いサラリーマンの方に

自分らしい理想の人生を送ることができるよう

支援する活動をしています。

会社を辞めると考えると、

すぐ出てくる単語に

「退職」や「転職」という単語が浮かんできますよね。

でもね。

20代前半ならまだしも、

それをいきなりしようとすると、リスクがありすぎます。

なぜなら、

「辞めたい」

という感情だけで会社を辞め、

「お金を稼がなければ生きていけない」

という、焦りだけで

「次の職を探す」

ことになるから・・・

これでは、理想の人生を送ることはできませんよね。

なぜ、

「今の会社を3年で辞める」

と主張しているかですが、

10年も一生懸命サラリーマンとして働いていた人が、

会社を辞めると本気で決めて、

退職準備をして本当に自分の理想をつかむため

会社を辞めるまでに時間がかかるんです。

なぜなら、

この10年という時間の中でサラリーマンとして頑張ってこられたあなたは、

サラリーマンに最適化された思考方式になっているから。

まずは、そのことに気づくことが大切です。

それでは、これからその必要なステップを見て行きましょう。

会社を3年で辞めるための7つのステップ

ステップ1~会社から1秒でも早く帰る~

まず、会社から、1秒でも早く帰る癖をつけましょう。

もし、会社にいれば自身の夢が叶うのなら、

仕事を一生懸命し続けてください。

そして、これ以上、私の主張を読むことは意味がありません。

ただ、今、会社にいることで、パワーを吸い取られている気がする。

次の休日が来ることだけが楽しみで仕事をしている。

もう、仕事をしたくない・・・。

そう思いながら、毎日を過ごしているのなら、

就業時間が終了したら、すぐに、会社を抜け出しましょう。

お付き合い残業はしていませんか?

最終的にはやらなければならない仕事を、

後回しにしていませんか?

効率的に仕事をすれば、終わる仕事を、

残業で処理していませんか?

意味のない宴席に、参加していませんか?

他の人でもできる仕事を安請け合いしていませんか?

あなたはもう、会社にいることだけで得られる安心感を

見直す時期に来ています。

その小さな安心感のために

理想の未来を捨てるなんて、もったいない。

会社の建物から出たら

すぐに会社のことを忘れるぐらいの気持ちの切り替えが必要です。

まずは、会社からすぐに退社することで自分の時間を確保しましょう。

ステップ2~疲れを取る~

会社を早く抜け出して、時間ができたら、

まずは、疲れをとりましょう!

こんなことていませんか?

休日の前日は、ついつい遅くまで、深酒をしてしまう。

意味もなくTVを眺めてしまう。

休みの日は、疲れが溜まって、9時過ぎまで寝ている

その上、朝起きても、外出する元気なくぼーっと1日が終わってしまう。

そんな状態であるならば、

休みの日も会社に時間を取られているのと同じ。

目標は朝、すっきり起きられる健康な体の状態にしていきましょう。

なぜ、疲労が良くないか。

それは、会社に支配されている証拠だから。

疲れていると、新しい思考ができません。

ついつい昨日と同じでいい、変えることが面倒だ。

昨日と同じことをしていれば、とりあえず死なない。

なんて考えがち。

だから、会社にとりあえず行って、帰って来ればいい・・・

となるのです。

こんな毎日を望んでいますか?

さて、あなたは、考えることが面倒臭いと思うこんな症状はありませんか?

それは、「日替わり定食病」

自分で食べたいものを考えることもできず、

とりあえず、日替わり定食でいいか・・・となっていませんか?

人生に対しても同じ

これからどんな人生にしたいかを考えることが面倒で

昨日と同じ会社に行って帰って来ればいいか・・・となていませんか?

ステップ3~ポジティブワードを増やす~

疲れが取れ始めたら、ポジティブワードを増やしましょう。

あなたの言葉に、

ネガティブワード、

多くありませんか?

何か、新しいことをしようとすると

・時間がない

・お金がない

・疲れていてできない

・やる気が出ない

などなど、「ない・ない」病になっている。

そのほかにも「ない・ない」病は、いろいろなところに潜んでいます。

・仕事は、やらなければなら「ない」

・今度の宴席は出席しなければなら「ない」

・我が子の授業参観に出席しなければなら「ない」

・嫁さんと買い物に行かなければなら「ない」

・家族サービスをしなければなら「ない」

楽しいことまで、「ない・ない」病になっている?

こんな話し方に慣れているなら要注意。

自身の能力的にはできることでも、

「できない」

と言ってしまっているかもしれません。

人は、1日6万回、自分の頭の中で、会話をしているといいます。

その会話のかなで使う言葉のネガティブ率はどのぐらいですか?

でも、いきなり、ポジティブにはなれません

まずは、

20%ポジティブな言葉に変えて行きましょう。

もしかしたら、できることが増えて行くかもしれません。

ステップ4~自分のワクワクを探す~

ポジティブになってくると、

自分が、好きなことが見えてきます。

サラリーマンを長くしていると

ワクワクすることすら忘れてしまいます。

小学生の時、

遠足に行く前の日のあのワクワク感は覚えていますか?

その他

海外旅行に行く朝、すっきり目を覚ます

私の親父は

会社に行く日は、全く自分で起きられませんでしたが、

ゴルフに行く日は、

出発の1時間以上前に目を覚まし、

準備運動をするほど、すっきり起きていました。

こんなワクワクを探しましょう。

人に何かを教えてあげることにワクワクする

スポーツをすることが大好きだ

誰かと会うことにワクワクを感じる

旅に出ること

舞台に立つこと

その他、いろいろなワクワクがあると思います。

そのワクワクを感じやすくすること。

もっと大きく言えば、

忘れてしまった自分の感情や情熱に気づくことが

これからの理想の人生を生きて行く上で大切なことです。

ステップ5~紙に書き出す~

ワクワクや理想を思いだしたら、

ボジティブにそのワクワクや理想を言葉にしましょう。

言葉にできる事が、現実化していきます。

これがはじめは結構難しい。

あんな感じ、こんな感じでは、その夢が現実化しづらい。

突然ですが、

南アルプスの天然水のペットボトル

ラベルがあるから(言葉がついているから)100円を出して

買うんですよね。

レベルがもしなくて

これ、南アルプスで採れた水ですよ、と言われても

100円の価値があると思えませんよね。

しっかり言葉になっているから

それに価値があるとわかる

あなたのワクワクや理想も

言葉になっていれば

それだけで、十分価値があり、現実になるのです。

その理想を現実にする方法として

例えば、ワクワク・理想ノートを一冊作り、

その日、思いついた

ワクワクする事、

やってみたい事、

理想の生活を

書き出してみましょう。

そして、そのために何ができるか、

どうすれば実現するかを考えましょう。

もちろん、

たまには愚痴や不安の一つも言いたい時がありますよね。

理想ばかり言っても仕方がないと思う日もあります。

そんな時は、

別の紙を用意してその愚痴を思いっきり書きなぐったら、

ぐちゃぐちゃにして、捨ててしまいましょう。

心の掃除も必要です。

ネガティブが悪いことではありません。

なぜなら、これから起きそうな危険なことを予測して、

対策を取ることができるから。

ただ、ポジティブな方が、

夢や理想が叶いやすいのは、事実なようです。

ポジティブな言葉を使ってみてくださいね

ステップ6~行動を起こす~

さて、ワクワクや理想が明確になったら、

行動を起こしましょう。

今までと違う行動を!

昨日と同じことをしておいて、

今日、違うことが起こると信じるのは

正気の沙汰ではありません。

昨日と違う行動をするから、

今日、新しいことが起こるのです。

はじめは小さいことでいいのです。

昨日までは、通勤電車の中で、

居眠りをしていたけど、

今日から、本を読む。

先輩がいい本があるんだ~、

なんて言っていたら、すぐに、その本を買ってみる。

後輩が株で小遣いを作っていると聞いたら、

株の勉強を始める。

自身のワクワクに関する書籍を調べたり、

理想の生活をしている人の話を聞きに行ったり。

とりあえず、どんなことでもいいんです。

昨日と違う行動をとることが、

予想できる未来から、

理想の未来に変化させることですから!

行動することで、あなたの理想の未来に近づけますよ。

ステップ7~心を整える~

あなたが行動を開始する理由は、

会社を辞めるためだけではありませんよね!?。

題名で、

「会社を辞めるための・・」

と書いてあったのに、

意識的に、会社を辞めるというキーワードを使わずにここまで

書き進めてきました。

自身の理想の未来の生活の中に、

今の仕事の仕方、会社、生活パターンがないから、

会社を辞めるということ考え方をして行きましょうに。

もし、会社を辞めることが最終目的にすると、

辞めた後、何をしていいか、

わからなくなります。

そして、とりあえず「お金を稼ぐため」に焦って転職をしても、

今の会社で起こっている同じような問題を

再燃させるだけになることでしょう。

これからの行動一つ一つにどんな意味があるのか

しっかり考えられる心に整えてください。

行動一つ一つは自身の心が

決めることになります。

決めようとする心が乱れていれば、

出てくる行動が乱れます。

当然のことですよね。

ワクワクすることや理想の未来のために、

どんな行動をするか、

あなたの心が決めていることを忘れないでください。

だからこそ、心を整えることが大切です。

本当に、この考え方で

理想に近づくのか

幸せに近づいているのか

いつも、考え続けてくださいね

7つのステップを読んでいただき、

ありがとうございました。

会社をやめればいい

という考え方でないのは

わかっていただけましたでしょうか?

ここからは、日々の生活の中で

意識してほしい

注意事項を3つお伝えします

注意事項

1、感情と情熱の違い

よく自分の感情を大切にと言いますが、

自分のワクワクや理想を追い求める時に、

妨害するのもまた感情です。

「今日は疲れたな~、面倒臭いな~」とか

「会社で頑張ったから、今日は何もしないで寝よう」という感情があると、

目標達成は、その分遅れます。

もちろん、本当に疲れて、

何も考えがつかない時は、

さっさと寝ると決断するのも感情かもしれません。

でもね。

その瞬間、瞬間に、出てくる感情に流されているだけでは、

理想の人生には近づきません。

そこで、必要なのが、情熱です。

あなたのワクワクや理想を達成するために、

情熱を持ってことに当たることが大切。

今夜は、ビールが飲みたいと思っても、

理想に向かう情熱が高ければ、

ビールを飲むことより、理想のための行動をとる方に

重心がかかるでしょう。

あなたの情熱を向けられるワクワクを探してくださいね。

2、「会社が嫌だ」だけで辞める危険性

職場の同僚で、よく

「会社辞めたい」と言いながら、

辞めずに20年も30年も働いている人いますよね。

あなたも、会社が嫌だと思いながら、

結構、長く勤めていませんか?

実は、私もそうでした・・・

でも、会社が嫌だという感情だけで

会社を辞めてしまうと、大変なことになります。

「辞める」という行動力は、素晴らしいと思いますが・・・

何故ならば、

会社を辞めた後のことを全く考えていないから。

人生100年時代、

会社をやめた後の方が長い。

その長い時間に何をしたいのか

人生の目的はなんなのか

他人のどんな役に立ちたいか

それをしっかり決めた上で、

「辞める」という行動をとりましょう。

こんな話、よく聞きませんか。

バリバリ仕事をしていた先輩が、

定年退職で会社を辞めて少しして亡くなってしまったと言う話・・・

それは、もしかしたら、

人生の目標が全て会社だったと言うことだったのかもしれません。

あなたは、理想の人生ためにどんな道を通って会社を辞めますか?

3、できることで稼ぐか、好きなことで稼ぐか、を理解する

サラリーマンとして働いていると、

わからなくなる事。

それは、

できることで稼いでいるのか。

好きなことで稼いでいるのか。

その違い・・・

多くのサラリーマンは、

できることで稼いでいます。

自分の能力でできることで会社を選び、

会社のルールに従っていれば、

適当に毎月給料がもらえる仕組みになっています。

それが慣れ親しんだ習慣になり、

それ以外の方法を知らないまま、

そして、

他の方法があることを考えさせないような働き方をさせられて、

あっという間に時間が流れていきます。

でも、実は、自営で仕事をしている人たちは、

できることではなく「好きなこと」でお金を稼いでいる人が多くいます。

会社の仕事の中で得意分野、ありますよね。

でも、それは、好きなことではなかったりします。

私もそうでした。

地味に同じことをコツコツやるルーティーンな仕事は

得意でした。

でもね。

好きな仕事ではなかったんです・・・。

正直にお話しすると、

私は、この違いをしっかり理解できるまで、

結構な時間がかかりました。

得意なこと=好きなこと

だと思っていたから・・・

今、あなたは、できることで稼いでいますか?

好きなことで稼いでいますか?

これをしっかり分けて考えてみてください。

これから何をするか

以上お伝えしたことを少しずつ行動していただければ、

あなたの人生は、変わって行くでしょう。

理想の人生を歩むために、

これからどんなことをしていきますか?

30歳を過ぎて会社を辞めるという行動をとろうとする時、

いろいろな障害がありますよね。

お金のこと

家や車のローン

家族のこと

昇進や世間体

どれが一番大切ですか?

それでも、今この状況から抜け出したい、

そう願っているからこそ、

このHPにたどり着いたのではないでしょうか?

もっと詳しく、

自分らしく生きるために今の会社を使いながら、

そこから抜け出し

どう理想の人生を手にして行くかをお伝えする

メールセミナーをご用意しております。

もしご興味のある方は、

ご登録をしてみてはいかがでしょうか?

今日は、最後まで、お読みいただきありがとうございました。

あなたとの出会い、

このご縁を心から嬉しく思います。

津田智有でした